創業時にオススメの融資

創業時の会社様が活用できる融資制度があります。いくつか種類がありますので、ご紹介します。

 

日本政策金融公庫の融資

新規開業資金

新たに事業を始める方や開業7年以内の方であれば、最大7,200万円(うち運転資金4,800万円)までの融資を受けることができます。

返済期間は設備資金であれば20年以内、運転資金であれば7年以内となります。  

なお、ご利用いただける方は下記に該当する必要があります。

●現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
 (1)現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
   (2)現在お勤めの企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
●大学などで修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
●技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
●雇用の創出を伴う事業を始める方

など

 

女性、若者/シニア起業家支援資金

女性または30歳未満の若者、55歳以上のシニアの方が事業を始める場合、最大7,200万円(うち運転資金4,800万円)まで融資を受けることができます。

新規開業資金と同様に返済期間は設備資金であれば20年以内、運転資金であれば7年以内となります。

 

新創業融資

新たに事業を始めてから事業開始後2期目の申告を終えていない場合、最大3,000万円(うち運転資金1,500万円)まで融資を受けることができます。 

返済期間は設備資金であれば10年以内、運転資金であれば5年以内となります。

 

普通貸付

普通貸付は事業を営むかたであれば、ほとんどの方が利用できます。

融資限度は4,800万円(特定設備資金であれば7,200万円)の場合で、返済期間は設備資金であれば10年以内、特定設備資金であれば20年、運転資金であれば5年以内となります。 

>>「創業融資サポート」について詳しくはコチラ


起業家のための無料相談受付中!

サポートメニュー一覧

資金について相談したい!

会社設立について相談したい!

経営・税務会計について相談したい!